日本語入力システムってなに?

猫の足が乗っているキーボード(入力しているようにみえなくもない)

みなさま、こんにちは。

いきなりですが日本語入力システムという言葉をご存じでしょうか。

わかりやすくいうとPCや携帯電話などで日本語を入力する際に使うソフトなのですが、PCを購入してセットアップをすると、普通に日本語が入力できてしまうので、意識して使用されている方はそれほど多くないと思います。

日本語入力システムは別名

FEP(フロントエンドプロセッサ)
IM(インプットメソッド)
TIP(汎用テキスト入力フレームワーク)

ともよばれ、MS-DOSではFEP(略してフェップ)とよばれていましたが、WindowsではIM(インプットメソッド)とよばれ、現在のWindows OSではIMのことをIME(インプットメソッドエディタ)と呼称しています。

また、MacintoshのmacOS日本語環境では入力プログラムという呼称で呼ばれており、OSごとに異なる名称で呼ばれています。

インプットメソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ただ、Windows OSの普及にともなって、IME(アイエムイー)=日本語入力システムを指すという認識が一般的のようです。

Windows OS標準付属:MS-IME(エムエス-アイエムイー)
Macintosh OS標準付属:JapaneseIM(ジャパニーズアイエム)


そんな日本語入力システムではありますが、OSに標準で付属しているものはもちろん無料で使用できます。

でも、これってよく考えると、とてもすごいことなのです。

みなさまご存じのとおり、日本語というのはひらがな、カタカナ、おまけに漢字変換もあり、日本語の入力というのはとても複雑なロジックが必要なのです。

そんな日本語入力システムが無償で提供されているというのは、OSをセットアップするたびに開発の苦労を忍びつつ、日本語対応OSはとても優れているなあと実感します。

みなさまもPCや携帯電話などで日本語を入力されるときは、裏で日本語入力システムが人知れず動作しているというのを意識してご利用いただければと思います。

=====================

オフィス・トウェンティーワン製品「医療辞書2019」は日本語入力システムで入力した医療用語や病名をスムーズに変換。

OS標準付属の日本語入力システム=IMEに対応しているので、購入後お使いのPCにすぐにインストールして使用することができます。

Windows OS標準付属:MS-IME対応
Macintosh OS標準付属:JapaneseIM対応

難解な医療用語の変換に時間を取られないので、レポート作成もストレスなく行え、あなたの貴重な時間を効率よく使えます。

お金で時間は買えませんが、時間を有効に使えるツールは買えます。

運用コストをスマートに。

医療辞書2019

https://www.office21c.co.jp/

医療辞書2019パッケージ画像
医療辞書2019

※「医療辞書2019」は有料の日本語入力システムにも対応しております。

会社ブログはじめました

ブログはじめました(バックに冷やし中華)

なにをいまさらと思われる方もいらっしゃると思います。

でも、私たちは本気です。

本気ではじめる以上、できれば毎日更新……といいたいところですが、このブログは会社ブログなので、基本的に土日休日を除く平日最低1コンテンツアップを目標に運用を開始していきます。

個人的にはハイクオリティなコンテンツをブログにドロップして自社サイトのプロモーションをバリバリ行う……というミッションがあるのですが、いくらがんばっても一朝一夕には行えないのでコツコツやっていきます。

最後になりましたが、このブログを運営している有限会社オフィス・トウェンティーワンはこんな会社です。

○医薬品に関するさまざまな情報をデータベースとしてメンテナンスし、電子カルテ・医事会計システム・保険薬局システムの開発会社や大学に提供。

○PC(Windows / Macintosh)用ソフトの開発・販売を行っています。

 ・日本語入力ソフト用変換辞書「医療辞書2019」 

 ・日本語入力ソフト用変換辞書「新・東洋医学辞書V18」 

 ・医療機関向け業務用「持参薬鑑別システム薬鑑2019」 

 ・一般ユーザ向け『病院からもらった薬がすぐ調べられる「くすり55検索2019」』 

 ・「生薬処方電子事典II」

オフィス・トウェンティーワン

https://www.office21c.co.jp/