Windows7初期状態での圧縮ファイルの展開方法

氷

みなさま、こんにちは。

Windows 7初期状態での圧縮ファイルの解凍方法は下記の3つとなります。

(1)圧縮ファイルを右クリック→〔すべて展開(T)〕

(2)圧縮ファイルをエクスプローラーで開き、内部のフォルダまたはファイルを新しい場所へ移動する

(3)圧縮ファイルをエクスプローラーで開き、〔ファイルをすべて展開〕ボタンをクリック

(1)の方法ですと、フォルダ全体が展開
(2)の方法ですと、1 つのファイルまたはフォルダーが展開
(3)の方法ですと、フォルダ全体が展開

されます。

上記のなかで右クリックを使用しないのは(2)と(3)になりますが、(2)はファイルやフォルダを選択したうえで新しい場所へのドラッグ&ドロップの必要があるので、右クリックを使用しないのであれば(3)の方法がおすすめです。

解凍方法の詳細はこちら。

(1)圧縮ファイルを右クリック→〔すべて展開(T)〕

解凍したいファイルを右クリックし、コンテキストメニューから〔すべて展開(T)〕を選択

(2)圧縮ファイルをエクスプローラーで開き、内部のフォルダまたはファイルを新しい場所へ移動する

1.圧縮ファイルをダブルクリックしてエクスプローラで開く

2.解凍したいファイルをフォルダ外へ移動(ドラッグ&ドロップ)すると解凍されます

(3)圧縮ファイルをエクスプローラーで開き、〔ファイルをすべて展開〕ボタンをクリック

1.圧縮ファイルをダブルクリックしてエクスプローラで開き、左上の〔ファイルをすべて展開〕をクリック

2.解凍先を聞かれるので指定して〔展開(E)〕をクリック

※特に指定がなければそのままでOK

3.指定先に解凍されます

※解凍したファイルが表示されます

いかがでしたでしょうか。

右クリックを使用しないのであれば(3)の方法がおすすめです。ぜひお試しください。

One Reply to “Windows7初期状態での圧縮ファイルの展開方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください